.

重量税は、国内メーカーの自動車あるいは外国の車という愛車の国やプラグインハイブリッド車、ロールーフ車等車の形も関係なく例えば、スズキやクライスラー、等でも同様に負担が必要な税金なんです。マユライズ

新車を登録する時、あるいは車検を受けるさいに納付するお金になります。ゼロファクター 足

この額はそのクルマの重量で決まっています。リプロスキン 体験談 嘘

「自動車重量税」と「自動車税」では全く別のものなので、基礎を理解して混同しないようにする必要があります。ゼロファクター 公式

「自動車重量税というものはクルマの重量で」「自動車税とは自動車のリッター数により」その額が変わってきます。ワキガ 治療 切らない

そして買い取りの時の待遇も異なりますし、注意が必要です。一人暮らしの生活費

自動車の売却の際には既に支払った車の額がどれだけあっても、その金額が返ってくることはないのですが、一方、自動車税でしたら支払った金額を売却額に足してくれるという場合があるものの、重量税については上乗せになるということは全然ないのです。ひよっこいいm

重量税の場合は、売却時に納めてある金額が残っているからと言って中古車の専門店にてそれが配慮される場合はまずないのです。ダニ取りロボを公式サイトで買う

ですから次回の支払い、つまるところ車検に出すまで売るのを少し待ち売却をするのが一番良いです。北斎場

中古車の引き取りの時は考慮していただけない重量税でも、例外的な場合だと返還されることもあります。ローン残ってる 廃車

この事例というのは、車検が残存しているクルマを廃車にする時です。

つまり廃車申請をした際に残存期間に応じて税金が戻ってきます。

ただ車の引き取りの場合はその車が廃車されるのとは異なり返金されません。

それから、自動車の名義の変更をしたケースや、盗難にあった時なども還付を受けることはできません。

重量税が残っている期間があるクルマを売るということは、車検の効力がまだある車ということになります。

それを店側も計算に入れますから重量税の残存期間があれば少しは査定額が上がるはずです。

当然、買取金額は店次第で変わりますが、車検の効力が残っているということを考慮していただければ売却する自動車の査定額と比べるとそれほど払い損と考えることもありません。