.

破産の手続きを実行しても公的機関などから家族にダイレクトに事実関係の報告などがなされるということは考えられません。ライザップ 千葉

なので家庭に明らかにならないように自己破産というものができる可能性もあります。ライザップ 池袋

ただし、現実問題として、自己破産の手続きを申立てる時点で同一住居に住む家族の給金を記載した紙面や金融機関の通帳の複製といった資料の提供を有無をいわさず要求されるといったことがありますし貸し主から親族へ連絡がいくなどということもありますので知れ渡らないように自己破産の申立てが実行できるという100%の確証は望むべきではないと考えられるのです。

敢えて内緒にしてそれ以降にばれてしまうことに比べれば本当のことを偽らずに相談をして全員の協力を得て破産の手続きを乗り切る方が無難といえるでしょう。

また、別々に住んでいる家族であれば破産の申立てを行ったことが知れ渡ってしまうというようなことは取り敢えずのところ不安に思う必要はないと理解しても良いでしょう。

配偶者の債務を消失させることを念頭に離婚を計画する早まったカップルもいらっしゃるようですがまず夫婦同士ということであっても基本的にはその人が書類上の(連帯)保証人という身分にならない限りにおいて民法上では強制は発生しません。

ただし保証の名義人である時は離婚届の提出をしても保証人という身分としての義務は残っているので法律上の支払い義務があります。

したがって、離縁することを行ったからといって未返済金などの債務の支払に対する強制力が斟酌されるようなことは認められないのです。

そして、現実としてサラ金業者が債務を負った人の親族に支払いの督促に及んでしまうようなこともありますが、保証人ないしは連帯保証人という立場になっていないならば親と子供あるいは兄弟姉妹という類いの家庭間の返済義務などについて他の親族に法律的な支払に対する強制力はあり得ないのです。

実際は消費者ローンが法的な支払義務を負っていない家族や親族の人を相手取って支払の催促をするのは貸金業の規制法についての政府機関の運営取り決め内で禁止されているため取立ての実施方法によりますが貸金業規制法の催促のガイドラインにそむくことになります。

という訳ですから、法的な支払義務を負っていないにもかかわらず借り主の家庭が催促を受けたという事実があるというならば貸し主に対して取立てを停止するよう通告する内容証明の郵便を送るのが良いでしょう。

人によっては債務をもつ人当人のことがとても可哀想でならないからと思って借りた人以外の家族が借金を代理で返済してしまうということもまりますが借り手本人が恵まれた境遇に自立の心を忘れてそれ以降も借金を反復してしまうことが少なくありません。

よって借り手本人のことを考えれば血も涙もないかもしれませんが借り手本人の自助努力で借りたお金を返させるか自力での返済が出来ないようであれば破産申し立てを行わせた方が債務者本人の人生を全うするためには良いと思われるのです。