.

自己破産申立ては一部分の借りたお金を除外して行う申し入れはできないので、住宅ローン・親族などの連帯保証人のある借金を含まずに行う自己破産に関する手続きはすることができません。ワキ汗

ローンがまだ存在する状況で破産の手続きを行ったら持ち家は押収されてしまいます故、数十年残っている住宅ローンを払いながら(持ち家を持ち続けながら)借入金を返済していきたい際には民事再生という申請方法を用いるのが良いでしょう。オルチニン

また保証人の存在する借入金が残っている時には、債務者が自己破産の申請を行うと連帯保証人のところに返済請求書が送付されてしまいます。BTB 体験

さらには所有権のある財貨(ビル、マイカー、有価証券、生命保険といった類いのもの)等は一般的には例外なしに処分対象として扱われてしまうので、絶対に持っていかれたくない財があるという場合や、自己破産手続きを行うと仕事ができなくなる免許で労働されている人の場合、異なる種類のしかた(任意整理または特定調停手続といった手続き)を使わなければなりません。

一方、ばくちや無駄な支出による借入金故の申し立てだという際には自己破産の目的である免責(お金を0にする手続き)が認められない可能性がないとは言えませんから異なる負債返済の仕方(特定調停、任意整理、民事再生)も選択肢に入れて考える方が望ましい結果が得られることもあるかもしれません。